シトロエンAX-GT・・・Dona Dona

0
      ある晴れた昼下がり・・・・の、今日。友人のシトロエン AX-GTは市場ならぬ修理工場に
    トコトコと曵かれてゆきました。以前、記事にしたアレです。あれから話しは一気に進み、
    とりあえず工場に持ち込んで見積もりをしてもらうことに。この修理工場は旧車の修理レス
    トアでは定評のある会社で、友人と私の共通の友人でもあるH氏が懇意にしているのだ。なん
    とか年内中に車を運びたいということで。仕事があるので友人は立ち会えない、だけども運
    び出す様子を見てみたい店主。友人から今日これから引き取りにゆくという連絡を受けて、
    息子のバイクで駆けつけた次第。
     なんとか間に合った! これが噂?のシトロエン AX-GT
     実は数日前に私の車のバッテリーでエンジン掛けようとしたけどダメだったんで、動くか
    どうか心配だったの。多分、私のバッテリーが小さかったしコードも細かったせいだと思っ
    ていたけど。エンジンがかかるかかからないかは大違いですからね。

     なぜ立ち会いたかったかというと友人宅付近の道路がなかなか手強くて、自走出来ない場
    合どうやって引っ張り出すかを見たかった。家の前は、
     なだらかな下り坂。ここはどうってことない。

     坂を下るとかなり厳しいクランク。ほぼ直角に曲がり左側は崖になってて恐いのです。

     ちょっとゆくと強烈な左折。こっちからは登り向こうの道路は左下がり。無理に左折しよ
    うとした愛車FITは見事腹をこすりました。一回右折して坂の上で転回するのがいいと言われ
    たけど。ついつい。

     どーでもいいことだけど、違う角度から。この左折は確実に90度以下の鋭角。複雑な高低
    差は3D感覚。いや、マジで。

     それを過ぎたらあとはクネクネ ダラ下がり

     到着して一服、待つことしばし。来たきた、来ましたョ。角から鼻先だけ見えてる白い車。
    それにしてもやけにデカイ。国産車みたいな大型セダン。友人の仲間なんですが見学しても
    いいですか?写真撮ってもいいですか?。怪訝な顔してどうぞどうぞ。お許しが出て、いざ
    見学しまっせ。

     大きなバッテリーとぶっといコード。さて、ボンネットの開け方がわからない。古いし、
    フランス車だしね。あちこち探すもわからない。後で聞いたんだけど開け方はしっかりと伝
    えてあったんだけどすっかり忘れている。うーむ。専門家を前にして持ち主に開け方を聞く
    なんて失礼とは思ったんだけど。電話してる最中に開いたって。うーむ。ま、そういうもん
    だけど。

     バッテリーを繋いでエンジンは見事かかりました!!! やっほー、やりましたね。若い
    人はそれなりに喜怒哀楽が表情にでるんだけど、爺いじのほうはまったく無表情無感動に見
    える。修羅場をくぐりぬけてきた歴戦の勇士か。

     けどバッテリーケーブルを外すと止まっちまう。だから、でかいバッテリーを後部座席に
    置いてケーブルで繋いだまんま動かそうって魂胆。なんかチューブに繋がれた患者のようで
    もあり。この後、ケーブルが邪魔して常にボンネットは半開き状態のマヌケ顔。

     お〜っと、動き出しました。なんせ数年ぶりですからね。動くじゃん! ってだけでなん
    かカンドーするわけですよ。私のものじゃないけど。すんでのところで廃車になったかもし
    れない車が再生の道を歩み出そうとしてるわけですからね。いささかの感動心もむべなるか
    な。

     エンジン音が心地いい。マフラーからの煙が目にしみる。いずれ近いうちに乗れるかと思
    うと・・・・気もそぞろ。これで湘南海岸飛ばしてみたいもんです。

     さあ第一関門の右折。一回じゃ曲がりきれないから切り返すも、この車は重ステですから
    ね。じわ〜と動かしながらハンドル切らなくちゃならない。軽いっすよ、の運転手。こんな
    車に慣れてる様子がありありと見てとれる。一方、向こうでバックで進む大型セダン。この
    あとどうなるかなんて知らんぷり。

     あぶな〜い!! フェンスにあたる〜!!! 右後輪が浮き上がっていてタイヤ空転あた
    りはゴムの臭いが・・・・・・・・。上り下がり繰り返すこと数度。でも登れない。感心し
    たのは運転されている方の鷹揚さ。誰だってこんなときは首がグルグル回ったり焦る様子が
    見えるもんだけど、いやいや慌てませんなァ〜。動きはあくまでもゆっくり。おっとりした
    もんですわ。最後はフェンスにちょぴっとこすったけど、そんなことはどうってことない。
    うーむ。ひょっとして達人か? なんの? よくわかんないけど。そんな気配が満ち満ちて
    いる。

     やっぱいきなりの左折は困難と判断され、右折して坂の上で転回。それがもっとも合理的
    な方法。なんてことは知っててのいきなり左折。試してみようかい。そんなふうにも見える
    落着きぶり。い〜なぁ、年寄りは。そう思わせるなにかがありますからね。自分の失敗を相
    手が勝手に良い方向に勘違いしてくれるもんなァ。

     さて、いよいよ我らがAXの番ですよ。どうなるのかと思いきや

     あっという間もなくヒョイっといきなり左折。やるじゃんAX、さすが軽量の威力はスバラ
    シイ。けどボンネット半開きがいささかね。これじゃ半病人でっせ。

     トコトコと市場に曵かれるAX-GT。曵かれているわけじゃなく、自力で走ってるんですけ
    ど。これから屠殺されて解体されちゃうの? エ〜〜〜エックス〜〜〜〜〜〜〜カムバックゥ〜〜〜〜!!!! はるか向こうに見えるはワイオミングの山並みか、はたまた国道か

     トラックは路駐なので若いあんちゃんは気が気じゃない。いきなり左折でタイヤ空転して
    る場合じゃな〜い!。な〜んも気にせずみたいなおっとり爺いじ。グッドなコンビに運ばれ
    ていざゆかんAX-GT。早う帰ってこ〜。かわいがっちゃるけん。

    押し迫った年の瀬にやること山積・・・・・・・・・・・・の、店主なんだけどなァ。


    関連する記事
    コメント
    自走するAXの健気さに瞳潤んだゼ〜ィ! 
    初めて買った車だし、もうダメ(廃車)かと1年以上悶々としてましたから。村越さんありがとう。ほんま、ドナドナ(私が知ってるのはジョーン・バエズ版、Am、これでギターを覚えた)や〜んかい。
    リポートにある車屋のオヤジさんは会長、エンジン触らせたらガンガンの現役で未だ右に出る者なし。国内最大手の外車ディーラーから持ち込まれた、それぞれ前後が完全大破した2台の車を繋げてバリバリの1台に仕立てた話は伝説のようになっとる。
    • AX 持ち主
    • 2012/12/28 10:39 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:618 最後に更新した日:2020/06/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM