なでしこに一言

0
     なでしこのオリンピック予選が終わり、どうしてこういう結果になったの
    だろうかとちょっと考えた。いろんな要素が絡み合ってのことだろ、なんて
    こと誰でも思うだろうけどさ。比較するのもおこがましいけど、私が講師を
    しているガッコでのことがどうしてもアタマをよぎってしまう。

     私が教え始めて45年ほど経つけど、その間印象に残る学生はとても少なくて
    なでしこのメンバーも同じような状況なんじゃないかと思うワケ。入試もない
    専門学校の学生とちっちゃな時から練習に明け暮れている選手と比べるなんて、
    と叱られるかもしれないけど、なにごとによらず世の中いずこも同じ秋の空
    かもしれない、とね。ついつい思ってしまうのですばい。
     それに人望のないアタイだし人を見る目もかなり怪しいアタイだから、なに
    言ってるんだということかも知れないけど。

     考えてみれば前回のワールドカップ決勝でアメリカ相手に同点ゴールを叩き
    こんだ澤選手はまさに奇跡的なことで、あれを観たときは「神風」が吹いたと
    思ったもんだ。もうこんなこと二度と起きる事はないだろ、とね。澤選手の
    ような傑物がそうそう出て来るわけもないことも薄々感じていて、そのことは
    私の教師生活においても同じことだったから。思い返してみれば、45年の間に
    「これは!」と思う学生は学生は5人。年齢差20才をもろともせずに私の弱点
    をズバリ指摘したO嬢、卒業制作で異なる椅子を3脚も作ったT君、学外生活に
    忙しくオートバイの師でもあったS君、二年間の在学中に幾度となく作品展を
    開いたI君、そして最初の授業の時に私が説明している最中に手を挙げて質問
    したM嬢、たった5人だ。平均して10年に一人の割合でしかない。

     優秀な作品を作った学生、真面目でキチンとした仕事ぶりの学生、親しく
    した学生、いろいろいるけどさ、エピソードそれも特別際立ったエピソード
    (っていうか印象かな)を生み出せる学生となるとその数はまことに少ない。
    まぁ、結局は私の主観でしかないわけだけど。澤選手もそうした一人なんじゃ
    ないかと思うわけなのよ。よく10年に一人とか20年に一人なんて言われる
    けど、そんな傑出した人材がホイホイと生まれることはどう考えてもある
    わけがない。宮間選手もがんばってるんだろうけど、澤選手と比べれば
    いかにも小粒と感じられちゃうもんな。

     私が教える学校はふつうの専門学校だから、格別優秀な学生が集まる
    わけではない。だから、私が言うところの傑物が入学するのは運みたいな
    もんだ。出会いは偶然を待つしかないってこと。女子サッカー界のこと
    よくわからないから間違った考えかも知れないけどさ、ひょっとして
    日本女子サッカー界もそんな選手が出て来るのは偶然でしかないのかも
    しれないと思っちまうんだ。どこの学校、会社、組織だって優れた人材を
    求めているんだろうけど、方法は?ということになると待つしかないの
    でしょうか。

     果たして傑出した人材を育てることなんか出来るんだろうか。環境を
    整えることはできるだろう、的確なアドバイスを与える事は可能だけど
    肝心の傑物自身のココロを育てることは出来るんだろうか。私の学生の
    多くの場合は、ココロは元々生まれ持ったもので教えることは不可能とは
    言わないまでもかなりむずかしいという実感でね。そりゃ技術や知識を
    通じて学生自身の考え方や大袈裟に言わせてもらえば生き方みたいな
    ものまで話し合いアドバイスは出来るけど、それで学生自身が刺激を
    受けてココロの持ち方が変わるなんてことはあり得ないというのが正直
    なところなんだな。そこんとこノムさんに聞いてみたいもんだ。

     それとね、ワールドカップで優勝しオリンピックでも二位だった
    なでしこがなんで急落してしまったのかも。いくらなんでも早すぎる
    でしょ、落ち方がさ。いくらスピードが求められると言ったってね。
    世代が変わるったってせいぜい10才程度でしょ。昔、ボーリングが隆盛
    し急落した後、また息を吹き返しているようだけど、そうなって単なる
    流行から文化に定着したって言ってた人がいたけど、ひょっとして
    サッカーも流行で文化になるまでには至っていないのかしら。そいじゃ
    スケートはどうなの? 野球はなんだかダラ下がりのようにも見えるけど、
    ラグビーの社会的位置は? と次々と疑問が湧き出て来て・・・・・。

    散らかった記事でなんだかなぁ〜・・・・・・・・な、店主でした。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:618 最後に更新した日:2020/06/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM