その意欲がコワい

0
     「ほら、ピカピカでしょ、中も後ろも徹底的にやることにした、メーターもね、
    この際だからさ」と、意欲満々はけっこうだけど予算が心配なアタイはビビって
    いるわけだ。

     過日、ヤマハB-2



     通称樽アンプを定期点検に出したんだ。依頼先はもちろんmazdaluce
    3000様御中。B-2はメーターの照明が切れ片方のメーターが動かなくなり、
    樽アンプはて〜と、気に入ってた真空管が自然に割れ?別の真空管に換えて
    友人レストランに貸し出していたけど管の寿命が尽き、お気に入りのKT-88
    にしてもらおうと。いずれも3000様が改造なされし世界で一台シリーズ
    なんだわさ。

     で、先日、御大自らお運びいただきということになりにケリー。樽アンプは、
    ◯出力真空管KT120ペアチューブに交換
                  1KHz(左)  1KHz(右)
             0.1 W       0.08%     0.09%
               1 W      0.44%     0.38%
                          2 W      0.8 %      0.76%
       10KHz 1W   右  0.56%      左 0.58%
       歪率3%の時の出力  右 4.81W  左 5.43W
       歪率10%時の出力   右 7W     左  8W
       周波数特性 -3db   66KHz

    というデータが添えられて戻ってきた。自慢じゃないけど、電気不能者のアタイ、
    いやはやなんのことやらさっぱり見当もつきません。つまりは歪みが少ないから
    良い音がするってことでしょ。まことに雑駁な理解。

     2009.1という印字、そは入手か点検か? 友人のレストランで、毎日14時間
    ほどの激務にざっと7年耐えたということだ。3万時間、ついに真空管の限界と
    なり、我が試聴室に戻り〜の

     KT-88にしてとのリクエストなるも、師匠は90あるいは100にしてみては、
    とズバリ解答身の上相談。結局KT-120が据え付けられ、かくの如し。ちなみに
    これも師の改造が施されて、超三結&パネルに放熱用の穴が開けられているの。
    早速、聴いてみれば厚みのある音に、いと満足なり。

     もう一方のB-2は、
      1.内部木粉による汚れ コンプレッサ等による徹底清掃
      2.  前面パネル      内部分解清掃、放熱器脱着洗浄
      3.  増幅基板         ポテンショメーター2個交換 RJ-6S、オフセット電圧調整、
                             バイアス調整
      4.  メーター基板   トランジスタ前交換30個、ポテンショメーター8個交換
                           (RTJ-6Sなど)電解コ ンデンサ全交換16個
      5.  メーター照明電球全交換8個    12Vから14Vの電球規格変更8個
      6.  プロテクト回路電解コンデンサ全交換 8個
      7.  リレー脱着 接点洗浄2個
      8.  メーター調整 完璧です。
      9.  後部入力端子研磨
    10.  後部メーター切り替えスイッチ脱着  2個分解清掃
    11.  総部品交換数 72個  
          ポテンショメーター10個、電解コンデンサ24個、トランジスタ30個
          電球8個  

    1KHz 10W 出力時歪率0.003%

     まんずハ〜こうなるとですよ。
     でね、来訪されし師匠は我がオーディオをチェック、厳しい批評。師宣わく
    「中抜け」の一言。つまりはこういうことだ。メインスピーカーは
    ビクターFB-7の箱だけを入手して、改修し、スピーカーユニットを換えて、
    それにツィーターを加えたもの。低中音担当と高音担当はそれぞれ再生出来る
    音域が決まっていて、中間を再生出来ない。もっと低い音から再生出来るモノに
    しなくてはならん。そんなことは皆様すでにご承知のこととは思うけど・・・。
    要求を満たすモノはJBLのドライバーしかない。オークションで検索すれば
    数万円で入手可。ジャケットの二回ローンが終わればなんとかなる金額だから、
    そのうち。

     そこでアタイは考えた。待てよ? 確かにJBLにすればいい音になるだろ、
    けど、こんなでかいスピーカーなんてそうそう置けるわけもない。音楽好きで
    出来るだけ良い音で聴きたい、けど、日々の生活空間がある、生活に障りのない
    スピーカーとなればこの程度でも大きすぎるかもしれないけど、

     ヤマハ NS-20Mはどうだろうか。これをBプラン試聴用としよう。
    オークションで入手、それほど高額でもない。CDでもよしパソコンから
    でもよし。敷居は低い。これにmazdaluce3000氏のアンプで聴きませう。
    エレキット TU-870超三結、​樽アンプ超三結、A-2000で鳴らしましょう。

     Aプランは、FB-7 BOX+JBL D-123+JBL ドライバーに

     師のオリジナルアンプとB-2 MOS-FETを繋いで聴きましょうという寸法。

     身構えずに普段の生活の中で音楽を楽しみたい方はBプランで試聴して、気に
    入ったらお財布と相談して買えばいい、さらにという方はAプラン。これなら
    気安く立ち寄っていただけるんではないだろうか、と考えたわけ。私も経験
    あることだけど、バイクとかオーディオの店は、とかく入りにくいでしょ。
    なんか気後れするっていうかさ。特にビギナーの方はそう思うんじゃないかな。
    なんだか高価なモノがゴロゴロあって、ハナっからとてもじゃないけどって
    気持ちになっちゃう。そうじゃなくってさ、音楽を愉しむための単なる道具
    でしかないというココロでゆきたいと考えているわけでアリンス。

    さてさて、アンプを入れ換えねば・・・・・・・・・な、店主でした。
     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:618 最後に更新した日:2020/06/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM