弄ばれたいんだわ

0

     カッコつけて難しい字を使ってもうた。「弄」なんて字は、とてもじゃない

    頭の中には入っておりませぬ、けどね。ここんとこもてあそばれたい欲が

    ふつふつと、ココロの奥底で泉のごとく湧いているの。弄ばれるっていうのは、

    なんらか自分より上位のヒトやコトやモノでしょ。68才のアタイが小学生に

    弄ばれるなんてことあるわきゃない。例えば、壮年男子が幼女に弄ばれる

    「ロリータ」、老齢に達しつつある男が美形の少年に夢中になる「ベニスに

    死す」なんてもんもあったけど、それだってやっぱ相手が自分にないものを

    持っているとか憧れるみたいなもの、つまり自分にとってなんらかの上位性

    みたいなものがあるのと違いまっか。

     

     BSとかTUTAYAとかでわりと最近の映画観ても、一向にもてあそばれる感じ

    がないのよね。それ、とっても、困るんだわさ。もっとココロを鷲掴みして

    くれるような、夢中にさせてくれるような、のめり込ませてくれるような、

    そんな映画が観たいアタイってワガママなのかしら? あるいは単に趣味が

    合わないってこと?

     アタイの選び方が悪いのか?? いや、そんなことはないだろうて。と、

    外れっぱなしのココロが決めつける。この年になるまでそこそこ映画は観て

    きてるし、あれこれの本も読んだんだから個人の趣味を越えた善し悪しは

    これまたそこそこわかっていると思ってもバチは当たらんでしょう。

     

     で、先日。知人の展示会を観に行き、その後ご夫婦と三人で軽く飲みに。

    ダンナさんは映画好きでいっとき話に花が咲いたの。そこで話題になったのが

    ヒッチコック。それに触発されたんだろう、まずは一本「引き裂かれた

    カーテン」を再観。いや〜堪能しましたワイ。ならばと「山羊座のもとに」

    「三十九夜」を観て、すぐさまトリフォーとヒッチの対談本を読んで復習。

    出来上がるまでの過程や失敗談に膝を打ち、そんならってことでAmazon。

    主にアメリカ時代30本をぜ〜んぶ注文。さあて、これからしばしの間、あの

    ヒッチコックに弄ばれることなるでしょう。ヨカッタネ。

     

     これが前段だ。知人からレコードをいただいたことは記事にしたけど、

    その整理の今日この頃。まずはモーツァルトは確保して、他はどうしようか。

    お好みのロッシーニを聴き、やっぱイイ、で確保。聴いたことがあるし、

    よか曲もあるベートーヴェン、これからも聴く? と思えども素直に頷け

    ない。一応、ピアノ協奏曲を聴いてみたけどやっぱりアキマヘン。すかさず

    モーツァルトを聴き、違うでしょと自問即答得心のココロなのだ。ベー君は

    なんか重くてさ、理詰めっていうかさ、きらめきがないっていうかさ、

    素人にそこまで言われたらきっと怒ってるんだろうな、とか思いつつも

    聴くのはアタイだし、判断するのもアタイだから、やっぱこの際旅立って

    いただくしかない。プッチーニにもチャレンジしてみたけどアキマヘン。

    ドニゼッティはどうする? マーラーは◯だけどワグナーは×、まるで

    競り人みたいだ。なんて偉そうに、と思わないわけじゃないけど、聴きも

    しないレコードを持っててもしゃ〜ない。残された時間は多くはないし、

    いまさらプッチーニやベートーヴェンを聴きたいと思うようになる可能性

    きわめて少ないんだもん。

     これが廃棄となる運命のおよそ100枚。持ち主が音楽評論家だから、

    ジャケットなし、なにが録音されてるのかもわからないものもあって、

    一応聴いてみての結果でこうなった。

     これが競りにかけられるBOXたち。オペラだ。3〜5枚入りが15セット。

    さてどこに持ち込もうか? 専門店は数多あるけど、クラシック専門となると

    数は限られるだろ。アタイが知ってるのはお茶の水のディスク・ユニオン

    しかない。近日中に持参することになるだろう。でもなぁ、このご時世に

    クラシック音楽、しかもレコードを聴こうなんて諸氏はいるんだろうか?

    一枚100円なんてことになるんだろうな。あるいは、買い取れないなんて

    こともあるに違いない。それでも、せっかく頂戴した品々、あだやおろそか

    には出来ないっしょ。そこまでやってダメってことなら廃棄やむなし、

    故人も彼岸の彼方で頷いてくれるに違いないだろう。

     

    ヒッチとモーツァルトに弄ばれてフラフラだい・・・・な、店主でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:618 最後に更新した日:2020/06/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM