内澤嬢 続編

0

     きのうは髪を切りに梅屋敷に。今まで通っていた神宮前の美容院、思うところが

    あってヤメようと思い、古着屋ZIRAの店主Sさんにどっかないかな? 教えて

    もらったのが梅屋敷。古い街並だ。聞けば東京で2番目に長い商店街とのこと。

    ちなみに一番はむろん戸越銀座。まことに魅力的な焼き鳥屋でモツ煮込みを買い、

    琵琶湖なる喫茶店で一服し、ZIRAに顔を出してご帰還。

     

     電車に乗るんなら本がいる、部屋を出るときにタンスの上に本があったんだ。

    斎藤隆介著・職人衆昔話。若いとき読んで、昔の職人気質や修行の厳しさに感心

    したけどいつのまにか紛失、ずいぶん経ってから文庫本を再購入したんだわさ。

    それが放置されホコリまみれ。そうだ! 地下の試聴室で使う椅子を作ってもらう

    知り合いのT本さんに会ったときに差し上げたら喜ぶかな? その前にチョッと

    読んでみよ。電車の中で少し読み進み一文に目がテン。

     

     いいえ、特別に面白い思い出なんかありませんが、路地を通ると板を渡して用を

    足して、その出たものを豚に食わせているムナクソ悪い景色を見てキモをつぶした

    のを覚えています。

     

     椅子張り職人、通称張り屋あるいはバンコ屋の筒井辰次郎さんの丁稚時代の

    一コマ。明治25年生まれ、11才のときに家が破産し、東京へ、そこで見たのが

    この1シーン。明治36年当時東京では路地でうんこして、それを豚に食べさせてた

    ってことだ。なんてこったい! うんこを豚に食べさせる、ネパールと同じことを

    東京でもやってたやないか。調べてみたら1903年、たった114年前のことじゃんか。

    中国のトイレ事情を笑ってる場合じゃない、時代の移り変わり国の変わりよう

    流れる時間の遅速文化変遷の程度はさまざまだ、先進後進の中味の問題もある

    けどさ、他国の文化を自国の文化と比べてたり自分の常識であれこれ口を挟む

    なんてことは礼を失してるんじゃないかの、そんなことを改めて思い知った

    ワケでやんす。

     

     なんか考えちゃうな。いえね、前回の内澤嬢の本で、トイレットペーパーに

    まつわるアレコレがあって、うんこした後で手で洗うようにしたってことが

    あったんだわさ。インドだってイラン?だってそうしてるし実際体験してるから

    彼女にとっちゃ特段トンデモナイことではない。洗うためには水がいる、容器が

    いる、ってことでじょうろ(でかすぎる)で試したり先端を切ったりの試行錯誤

    があって今はなにかの容器を転用して解決。問題は水で洗った後お尻を拭くか

    どうかってこと。現地で聞いたらそのうち乾いちゃうからそのまま下着を戻す

    って方多かったらしいけど、彼女はそうはゆかないんだ。やっぱ拭きたい。紙を

    使わないんならタオルしかない、でも来客が来た時にそのタオルで手を拭くかも

    しれない恐れ充分、で、結局使われずにあったハンドタオルを使い、手拭きとは

    別の隅っこに置くようにしてあると。

     

     これを読んで我が意を得たりのアタイ。アタイの家はウォシュレットだけど、

    ずいぶん前から洗浄後拭かないでそのままパンツを穿く方式となって久しい。

    紙に怨念はないけど、老化による身体硬化でお尻に手が回りずらくなってるのが

    主因。特に朝はほとんど手が届かない。お尻洗浄だけでキレイになるかどうかは

    数回の検査で確証済み。拭かないでパンツ穿きそのまま立ち上がると腿に水滴が

    少しだけ垂れる?  のはわかるけど、すぐにパンツに吸収されるしいずれ乾い

    ちゃうからね。ま、気持ち悪いっていえば悪いんだけどさ、それより素早く

    トイレから出られる快感! はたまた手軽さにぞっこんなんだ。

     

     髪切って帰路、京浜蒲田駅からJR蒲田駅まで歩く。梅屋敷よりも都会化して

    いる、とはいえ昔風の個店がオモロい。特に三軒のビデオショップがアタイを

    引きつける。DVDもあるけどVHSビデオが居並ぶ様は壮観でね、ついつい一軒

    でぶらり店内の旅。最後にZIRA表敬訪問。もう買うまいぞ!  ほとんど毎週

    通ってるから欲しいものはないだろ!・・・・ところがあったんだな、これが。

    だから言わんこっちゃない、訪れればなにかしら気に入った服があるんだから

    もう買わないココロなら行かないのが一番、と思ってもついついは人情って

    もんじゃないか? それアタイだけのこと?

     こんなんですわ。これでも買うときにゃケッコウ躊躇したんでっせ。

    買うべきか買わざるべきか・・・・・・・・・。目立ち過ぎだろ! 変なヤツ

    と思われるだろうな、カミサンにはとてもじゃないけど見せられませんよ、

    刺繍しまくりだもんな、それももっこり盛り上がってるもんな。あぁ、

    どうせよう? 第一これに合うパンツなんかあるんか? コーディネート拒否

    だろ、これ。でもなぁ、5800円だしな。二度と出会うチャンスは皆無、いつも

    の言葉がアタマを巡る。ためつすがめつ、しばし。

     やっぱな、インドかい。だめ押しだ。さぁ買わんかい!インド製でっせ、

    インド綿でっせ。裏地も薄い綿で覆われてるし、あ〜ぁ、ぬ〜う。

     実はレディスなんだ。ボタンの位置が逆だもん。初見、着れないだろと思い

    つつ試着したら、サイズは合うと来たもんダ。第二のだめ押しかい。

     背中もご覧の通り。つまんで縫ってたんぼの畦みたいになっちょる。まさに

    装飾満艦飾、どこも手を抜いていない素晴らしさ、まるでボクジャだなもし。

    こんなもん買ってるからモノが増えるんだ。しかも不要でしょ、これ。

    なくても生活にはな〜んも支障はありません。贅沢品だ、年を考えろ、もっと

    落ち着いたフツ〜の服を買えよ、みんなそうしてるぜ、やめといたほうが

    いいんじゃないの、み〜んな振り切って買うてしまった。

     

     雀百まで踊り忘れずってアレかいな。踊るアホなら踊らにゃソンソンかのう。

     

    恐るべしZIRA、こんな服仕入れちゃいけませんて・・・・・な、店主でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:618 最後に更新した日:2020/06/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM