私は泣いています

0

     りりぃの歌があったっけ。

     

     わりと最近、新宿の友人宅へシトロエンで行ったんだ。一緒に晩ご飯を食べ、

    帰り道、3回もエンスト、明治通りの原宿が最初でさ。一時的なものか持病

    なのか、さぁどっち? 恐いんで、しばらく放置し、ほとぼりがさめたころに

    乗り出して、調子イイと思ったのも束の間、エンスト再発、ついに家の近くで

    どうにも動かなくなってもうた。

     

     あぁ、これでオシマイ?がアタマをよぎる。レッカーで懇意の工場まで運んだ

    ワケ。☎で連絡してるとはいえ夜7時半ころだから工場は閉まってる。着いて☎。

    兄ちゃん一人が出て来て、後ろにお母様とも一人の女性、シトロエンは動かない

    から手押し、そいじゃ私たちがと女性二人は腕まくり。いささかオドロイタね。

    「大丈夫ですよ、慣れてますから」と言いつつ女性二人とアタイとレッカーの

    運転手、車は軽々と動いて指定の位置に。

     

     第二京浜沿いの白興自動車。事務を担当している奥様が車を手押しするんだ。

    プロ根性にちょっと感動したな。以前から柔らかな物腰、会話の端々に見え隠れ

    する人柄にナミじゃないと思ってたけど、やっぱりな。で、結局シトロエンは

    修理の目処が立たずに廃車へ一直線。友人から譲られて5年、終わりの時を

    迎えての「私は泣いています」。

     

     なんか妙に寂しいんだ。なんなんだろうね、この気持ちは。たかが車だとは

    思えない。アンプにそんな気持ち抱いたことはないもんな。シートやハンドルに

    触れていたからか、あるいは一緒に動き回ったってことなのか。多分、肌で

    触れたという実感なんだろ。肌と肌が触れ合い、エンジン音や振動をカラダで

    受け止め、車内の匂いも。五感で感じる、まるでSEXみたいなもんだもんな。

    愛惜が湧いてもしかたなかろうて。

     

     譲り受けた友人T野井さんに廃車の報告して、白興自動車に。廃車の依頼を

    するために赴く。いろいろお世話になりました。☎一本で片付けるわけには

    ゆきません。奥様がお出ましになり、廃車の手続きの話になり、譲渡した際に

    たしか女性が関わっていましたよね、と言うんだ。アタイはてっきりこの車を

    欲しがっていた女性だと思ったんだけど、実は駐車場の名義を借りたS野さん

    のことだったワケ。そんなことまでよう覚えとるな、と再度感心。奥様は

    腕力もあるけど記憶もかなり、こりゃこの会社の屋台骨を支えているのは

    彼女なんだろうと思ったんだわさ。

     

     このままサイナラするのはなんとも残念だ。ちょっと考えて、せめて助手席

    のシートだけでも身近に置きたい、ってことで廃車にするときシート外して

    頂戴ナ、そして木でステキな脚を作ってあげて、地下で愛用しようじゃないか、

    なで回そうじゃないかと、思った次第でありまする。

     

    悲しみよさようなら、シートこんにちわ・・・・・・・な、店主でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:564 最後に更新した日:2018/06/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM