無残発言に溜飲を下げる

0

     キスしただけで、あんなに謝らなくちゃならないのかね。

     

     私のカミサン、若い時に学んだ美学校で、授業が終わっていつも通りの飲み会、

    そこで先生からキスされ、その後、たまたま用事があって欠席したところ、キス

    が原因かと先生が心配、そんなことを思い出してね。カミサンはほとんど忘れて

    いたのにさ。不快に敏感になることが文明化された人間の八つの大罪の一つと

    K・ローレンツは書いてるけど、まったくその通りだな。

     

    「異性にモテず、二枚目意識も持てない人はセクハラに走るしかない。気の毒と

    しか言いようがない」筒井康隆氏はブログで書いてる。そうだよな〜、と改めて

    思うアタイだ。付き合いたいと思う相手には、どっちかが先に仕掛けなけりゃ

    始まらない。仕掛けとしての言葉が過激か穏便か、むき出しか包装されているか

    の違いは、そりゃあるけど。仕掛けることそのものは悪くはない。立場の違いを

    利用したのが悪いとか言っても、そんじゃ、強い立場の人はナンパしちゃならぬ

    ってこと?

     

     財務次官のこの一件、アタイが思うコトは、セクハラの是非ではなく、脇が

    甘すぎることだ。記者にそんなこと言ったらヤバい感覚がないことに驚いた。

    いくら有名大学出て官僚道一筋を歩んできたといっても、いくら異性と付き合う

    チャンスがなくっても、ど素人じゃあるまいに、って感じ。仕掛けるにしても

    脈がありそうかなさそうかを判断しなくちゃならないなんてこと当たり前じゃん。

    今の世の中、ことごとくプロはいなくなって素人ばかりの世の中になる、と喝破

    した小沢昭一氏の予言がズバリ的中だもんなぁ。

     

     閑話休題、タイトルの無残だ。「役者」三國連太郎のビデオをようやく観た。

    役者人生五十年記念と題したVHS、けっこう高額だったけど値が下がって入手。

    緒形拳との対談が一番の見どころ。なにかで「どうして釣りバカ」に出演し続け

    てるの?を読んで、アタイもそう思ってたからさ、それを観たいと。巻頭の後、

    対談が始まる。緒形拳の笑顔がスバラシイ。役者として同じ心智の大先輩と対談

    できるよろこびに溢れている。後輩としてなんでも聞いてイイ、気概満載だ。

     

     「釣りバカ」になんで出演しつづけるのか、肝心なとこの前に黒澤明について

    厳しい意見が飛び出して、躍り上がって喜ぶアタイ。よう言うた、緒形拳よ。

    確かに43年「姿三四郎」からのおよそ20年間は素晴らしい作品目白押しだけど、

    「赤ひげ」以降はサッパリ良さがわからなかったアタイ、きっとアタイがアホ

    だからと思っていたけど、そうじゃない、作品は確実に劣化していたと言われ

    ちゃ喜ばないわけにはゆきませんや。溜飲を下げるとはまさにこのことだ。

     

     70「どですかでん」、80「影武者」、85「乱」、90「夢」、91「八月の

    狂詩曲」、93「まあだだよ」、これらすべて観ているけど、どこがいいのか

    サッパリでね。緒形拳曰く「映画を力で構築した黒澤監督、老いて力が失われ

    た様が無残ですね」とズバリ。そう思いませんか?と三國連太郎にツッコミを

    入れるんだ。それに答えて「そうですね」とボソリの三國連太郎。両者の反応

    を観ているだけでゾクゾクしてくるってもんだ。面白いなァ、面白すぎるゾ。

    まったく。あぁ、この瞬間がいつまでも続いてほしい。そんなこと思ったのは

    久しぶりだぞい。

     

     で、あの三國連太郎がなんで「釣りバカ」に出演し続けるのか? そのワケ

    やいかに?? 

     

    ま、それは観てのお楽しみヘッヘヘ・・・・・・・・・な、店主でした。

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:564 最後に更新した日:2018/06/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM