何事も終わりはある

0

     改装を思い立ってから数ヶ月、ようやく最後の難関、トイレのドアが完成。

    畏友T野井氏から、ふつうは家具の扉に使うヒンジ(蝶番)を使っちゃどうか

    とのご発声によろめいて、待つことしばらく。忙しい仕事が終わってから夜に

    来訪していただきありがたいこった。

     氏もデカくて重いドアに使うのは初めての試み、穴を開ける道具をワタシに

    見せたいってことでもあった。

     これがその治具。アルミの鋳物。いかにもガッシリ堅固でSMの道具を

    想起させる。挟み込んでピクッとも動かせないぞ

     手前が使用するヒンジ、奥に治具の刃物が見える。こんなんでグリグリ

    されたらさぞや痛かろうて

     

     さてと、全て整った・・・・・・・手術台に横たわるドア、居並ぶ

    ヒンジは10個。一枚のドアに2個のヒンジは難しくないけど3個だと

    いきなり難しくなるのは当たり前。取り付けの軸線がズレたら不具合

    が出てくるからさ。それが10個! ホントに全部うまく嵌合するの?

     墨出し線に合わせて治具を仮固定します。手前のノブをグイっと回せば

    ピクリとも動かない

     おもむろにドリルに六角頭のレンチを取り付けてここぞとばかり穴を

    開ける。直径4センチ程度の穴を開けるのは結構な力業だけど・・・・

     なんとか穴は開き、ヒンジを柱側に取り付け、いよいよそれぞれを

    合わせてみようってことになる。ここで畏友はしばし考察。先に穴に

    ヒンジを入れるか、ヒンジを柱側に取り付けた後に穴に入れるか?

    なんせ10個だからさ、うまく入らない可能性もある。で、結局後者

    を採用したわけ

     う〜む、うまくいったやないか。10個全てのヒンジは無事穴に着地

    できました。調整が残ってるとはいうもののここまでできれば終わったも

    同然だ。サンキュー畏友

     で、調整だ。夕方から始まった吊り込み、調整は翌日へ持ち越し、私の

    出番だ。困ったことに床が平らじゃない。手前に地下への点検孔があった

    んで盛り上がってるワケ。すでに取り付いているドアを外して削るなんて

    こたァできない。二人ならともかく一人で重いドアを持ちつつヒンジを

    次々と穴に挿入することなんかできっこない!

     

     考えられる方法はただ一つ。ドアを目一杯開けて床と接した面に鋸を

    差し込んでズリズリと少しづつ削ってゆく案だ。床面はコンクリだから

    間違いなく鋸はダメになる。でもさ替え刃式だからさ、ずいぶんと使った

    ノコだからさ、ここで死んでも悔いはないからさ、ご臨終を見届ける

    つもりでガリーガリーと削り切ること6〜7回。ようやく実用に差し支え

    ない程度までドアが開くようになりました。ハイ!

     

     ドアの吊り元はピッタリなれどもドア先?は2僂侶箚屬発生するも

    致し方なきことと心は平安だ。

     まんずハァ〜こんなもんでエエだろて。ノブの上にトイレの印が必要

    だな。

     

     で、使用感。開閉はいささか重い。普通の平蝶番は垂直の軸で回転

    するけど、これは10ヶ所だし軸は垂直ではない。だから重くなるのは

    やむを得ないことだ。しかしドアは軽けりゃいいってもんでもない。

    私が愛用するアンプ  ヤマハCA-2000のボリュームノブも結構な重さ

    (回す際の抵抗感)があるけど、それがえも言われぬ魅力でね。重さ

    =信頼感、安定感、高級感の証だと思えるワタシだからさ。

     

     このドアもそれに通じる思いがある。それに、友人が心を込めて

    くれたもんだし、隠し蝶番をわざわざドアに使うことのアホっぽさ

    がいい。効率化を目指す風潮に棹差すワケじゃないけど、完成した

    姿も大切だけどそこに至るまでの過程も大切だ。

     先を急ぐあまりつい急行に乗り換えてしまうことは、時間に

    追われる時間貧乏人のやること、過程を貴族的に楽しむことを

    忘れちゃいけません。

     

    次に控えしは申請書類か・・・・・・・・・な、店主でした。

     

     


    コメント
    柱時計。茫洋とした時報の音。深深と孤独感が満ちてくるようで、「頭痛の羽音に頭つかまれて 一人土間に腰掛けてた 母さんの帰りを待っていた・・」という(私の)古い歌を思い出しました。
    • toru tamanoi
    • 2020/05/20 8:33 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:618 最後に更新した日:2020/06/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM