日々是好日

0

     このタイトル、なんかオレもそんな奴になったかと思わないでもない。

    「仲よきことは美しき哉」by 実篤を壁に掛けてる輩か、でもふと思い

    ついたんだから仕方ない、深い意味があるようだけど、そうなりたいと

    思ってるわけでなし、たまたまってことでゴザンす。

     

     過日、懇意の井口材木店でカーリーメープル発見。カーリーとは

    杢目のこと? ふーむ、いいじゃないか。というのも、

     この板を白木で作れないか、の相談を受けていたんだな。コレが

    何に使われるのかってゆ〜と籠バッグの蓋なんですわ。この方、編み

    籠を作ってて、蓋にイ〜ものがない、ならば拙者にとのご指名でね。

    在庫の厚さ1僂涼禳爐里海譴鮓た仲間は白木が欲しいが経緯。

     

     いずれそのうちとボンヤリしてたらヒョイとメープルのご登場で、

    とはいえメープルは厚さ3.5×長さ2.7mもある。鰹一匹買いして

    三枚に下ろして、片身は刺身もう片っぽは焼いてみたいにしなけりゃ

    とてもじゃないけど片付かない。

     

     まずは70僂棒擇辰討發蕕ぁ⊇弔棒擇辰童さ1僂烹科割。余り材

    から75僂棒擇辰討發蕕ぁ∋弔蠅亙欖匹靴討發蕕Δ海箸砲靴拭こんな

    わがまま受けてもらえるとこなんかそうそうありませんぜ、旦那。

     それがコレ。残り材全部持ち帰ってもいーけどこっちは狭いからね、

    置き場所にも困るし、加工するのも大変、何よりも用途が不明だから

    どんな加工するのかわからないときたもんだ。で、コレはて〜と

     こうするかの予定。ま、単なるフラワーベースなんだけど。

    ガラスのグラスは昔、買っておいたのよ、もちろんフラワーベースに

    しようと思って。これはカバ材だからちょい茶色、それだけじゃ

    なんだから白木でも、と。

     

     まだ仕上げてはいないからキチャナイけどおおよそこんな感じだ。

    一応できたもののなんか足りないと思案投首真っ最中。一輪挿しの

    機能は満足してるけど、それだけじゃイカんだろ。アレッシーで

    教わった四大要素  1,エモーション 2,ステータス 3,ファンクション 

    4,コストの3と4はまずまずとして肝心の1,2が欠けている。

     

     1,エモーションは一目惚れ、2,ステータスは結婚したい、と考える

    ワタクシとしては一味も二味も足りないと考えざるを得ない。たかが

    フラワーベースだけど、71歳の身であればそうも言ってられない。

    あ〜ぁ、なんかいいアイデア降臨してくれんかのう・・・・・・・。

     

     ご近所のアイ嬢の作品展を当店で催すことになったお知らせです。

    数日前展示に忙しいアイ嬢夫婦をパチリ。どう並べましょう?

    棚を整理して陳列台にし、新しく棚を取り付けたり、照明を当てたり

    既存の商品を片付けたり、まぁいずこも同じの準備作業なんだわさ。

    10月10日(土)〜25日(日)、10:00〜19:00、月曜休み。

     

    もちろんって〜か喫茶店は営業してま〜す・・・・な、店主でした。

     


    分からないことの応酬合戦

    0

       菅が首相になった、らしい。思い出すのは「旅路の果て」だ。仏映画、

      舞台は役者だけの養老院、経営が傾いて慈善興行を打つことになった。

      いよいよ開演直前に万年代役の老役者が主役を殴って入れ替わり、ついに

      生まれて初めて本舞台に立ったらセリフが出て来ない、それがショックで

      亡くなり、埋葬シーンで終わる。暗く救いのない映画だけど私が好きな

      映画なんだ。

       

       この代役が菅首相に重ね合わさるわけだ。これまで側近として会談や

      会議に同席したから能力経験はあるというけど、それはあくまでも控えで

      あって主役ではない。いよいよ主役の座に就いてこれまでさんざん苦労

      して覚えた、でも一回も観衆の前で演じたことのない代役専門の老議員

      に名演できるのかどうか、こりゃ見ものでっせ。

       首相選出に異議を唱えることもなく賛同した議員は裏の裏で蠢く輩の

      ように思えてならない。権力や金を目指して高みに堕落してるんだろ。

       

       そんな不満を解消するには音楽に限る。大ファンの京都橘高校のブラス

      バンド見てたら安斉かれん「僕らは強くなれる」のMVに出会う。政治家

      の方々よ、少しは高校生のひたむきさを見習ったらどうかね、明智君。

       

       さておき、いよいよ国勢調査が始まった。手順がさっぱりわからない、

      最初のステップだけはわかる、調査する地区を一軒づつチェックし地図に

      記入する。そこまではいいけど次に何をすればいいのかわからないんだ。

      まだいいだろうと思ってたら、郵便受けに調査票が入っているじゃんか。

      お隣のT井さんが投函したのはわかってる。そこで閃いた! どう見ても

      私よりT井さんの方がしっかりしてる、ならば彼のやってる通りに真似

      すれば間違いない、とね。

       

       翌朝、私に配布された調査票を見て、を閉封して各戸に配る。途中で

      裏のH川さんと出会う。手順に就いていろいろと聞いてくるわけ。内心

      この私に聞くなよ、何にもわからないんだからさ、と思いつつ立ち話。

      終わって店で一服してたら、H川さんが来店され、間を置かずN村さん

      も来る。どうやらみんな手順がわからないらしく、まさに右往左往な

      状態で、それがまったく面白くてゲラゲラ笑う。

       

       説明会が終わった時に真っ先に質問したH川さん、ヘェ〜、きみは

      理解してるんだと舌を巻いたけど、なにも分かってなかったらしい。

      でも、分かってなくても質問する心が素晴らしい。私なんかなにを

      質問すればいいのかさえわからなかったからネ。

       

       でね、コーヒーを注文されたN村さんとしばし歓談。嬉しいことに

      この方は愛煙者。彼の受け持ち区域は私より複雑で病院やコンビニも

      入ってる。私は戸建てとアパートだけだから病院なんて目も眩むような

      複雑さだ。入院3ヶ月以内なら自宅へ、以上ならそこで直接渡すらしい。

      いちいち聞くのかい? いや受付でね、とか言ってたら☎が鳴り、

      相手はどうやら区役所の担当者で入院患者の対応について説明してる

      けど、説明すればするほどN村さんの頭はますます混乱してる様子が

      アリアリで、見てるこっちはほぼ爆笑状態。いや〜滅多に見れない

      演し物なんだわさ。

       

       瞽が象を触って「こりゃ一体なんだ?」のごとく、国勢調査の手順が

      まったくわからない我々三人が、あ〜でもないこ〜でもないと相手の

      反応を伺いながら話すなんてェ〜ものはTVのコントなんかよりはるかに

      面白い。このネタならコント55号が扱えばきっと名コントになるだろう。

       

      皆目無知な私になぜ聞くのだろう?・・・・・・・・な、店主でした。 

       


      テーブル物件のゆくえ

      0

         午前11時に訪れしアイ嬢とY氏。嬢は常連氏は初対面だったけど

        そんなこたぁ関係ない。話の接ぎ穂は途切れることなく続き長丁場に

        なる予感は充分。およそ8時間の長談義は久々の快事ではあった。

        腹が減り弁当を買いに行ったのと入れ替わりさらに卒業生O君が参入。

        アイ嬢が去り、Y氏が去ったのち、残ったO君が帰ったのが午後10時、

        まるで辞めた専門学校での作品指導のようだなと思ったんだわさ。

         

         過日の作品展が終わり、コロナ禍で来店ならずの方々にテーブルの

        詳細をば誌上?報告してみようかなと・・・・・・・・・・。

         まずはデカイほう。周囲は6枚の板を継ぎ合せ、真ん中にベニヤの

        蓋が収まり、中央に小さな埋め込み取っ手。

         この場合中央のベニヤと周囲の板との段差が真っ先な問題だ。

        ベニヤは反るし周囲のドーナツ型の板だって真っ平らではないから。

        ドーナツ型の歪みはどうしようもないが、せめてベニヤだけでも

        反りを調整できるようにしたい

         埋め込み取っ手で持ち上げて

         裏はこうなっとるんだ。中央にオッパイ型の突起、両側にネジが、

        グイ〜と曲げた棒で反りどめにしようって魂胆

         果たしてこれがうまく役立つかどうか、今後に待たなければならぬ

         蓋を開ければこんな感じ。最初は元祖ソーイングテーブルを模して

        糸や紐なんかを小籠に入れてみたが、来店されたH氏に「裁縫の適否」

        を指摘され、同感満載の私はすばやく入れ替えたワケだ。

         

         籠に何を入れるか?は当初から大きな問題だった。入れるものに

        よって中の仕切り、棚、フック、宙づり、置き、重ねる、放り込む、

        畳む、などの選択肢が考えられる。枠となる籠に従うことは当然と

        しても中の様子は入れるものによって異なるのも当たり前だ。結局、

        そこが曖昧だったから籠の中も曖昧になり、一応完成とはいうものの

        なんだかモヤモヤした感じが残るテーブルとなってしまった。

         中に何を入れるかはともかくも棚板を支える構造はこれに間違い

        はない

         

         竹を反らせる構造も妥当、上に木片を挟むのも無理はない。

        問題は下部、支える竹と籠を固定する針金だ。私のアイデアと

        技術では今のところこれが限界点だ。

         テーブル上面から落としこまれる竹籠、籠ふちの厚さと板の厚さには

        違いがあり、テーブル下面からさらに1僂曚符討鮗ける支えを下げ

        なければならない。1僂龍眤葦濺部品はネジの永井で購入。

         脚とテーブル天板は8丱椒襯箸世韻埜把蠅垢襦5咾坊蠅魍け片方が

        木ネジ片方が8丱椒襯箸鬚佑弦んで、天板下面に8佶笋畊みナット

         脚端は真鍮キャスター。多少揺れるけど強度に問題はない、だろう?

         

         ちんこいテーブルは、て〜と

         誰もが下の円形ホニャララを聞いてくる。上の籠はおおよその

        使い方の見当はつくけど下はサッパリわからない。それもそのはず

        私だってわからないんだから。家具に使い方が優先されることは

        わかってるけど、たまにゃ使い方がわからない家具があっても面白い

        んじゃないか。ただそれだけの思いで作ってみただけのこと。

         

         当たり前だけど、籠は回転して何かを入れる

         籠を支えるY字部品。以前作ってあったブナ材。取り付けは

        ステン枠に開けられた小穴を利用して小ネジ止め。

         真鍮の部品、元はアジャスター。二個しかないので使い道に迷って

        幾星霜、ここで使うしかない!

         天板と脚は凸凹+ボンドで密着固定、それをさらに固定するために

        4本ネジで締め上げる。真鍮丸はそれを隠すため。狭い場所に三密

        状態で加工をしなければならず、この作業がこの作品の山場だった。

         

         回転軸は真鍮の蝶番

         反対側

         回転した裏はこう。小さな木片に蝶番を埋め込む加工はけっこうな

        厄介ごとでね。脚とはめ合わせるので位置合わせは慎重になる。

        さらに閉じたとき天板とうまく合わなくちゃならない。動きがあると

        むずかしいことはわかってるけど、やっぱり気を使ったときたもんだ。

         疑問難問オブジェクションの奇妙なサークル。天板は円形、地板は

        角形は最初っから決まっていた。天板の下に籠をつけるのも決定済み。

        最後に残ったのがココでね。なんにもなくてもいいんだけど、ちょい

        味気ない。冷蔵庫の残り物で料理するがごとく在庫の棚を探して、

        目についたのが真鍮棒。単なる丸棒ではなく、周囲に溝が切ってある。

         

         長い眠りから覚めて、いよいよ出番! ここで使わなけりゃ今後使う

        チャンスはない。ってことで円形に12本、チョイと斜めに差し込んだ

        ワケ。んでね、棒の先端がそのまんまじゃマズイよな、丸い木を入手、

        穴を開けてグィ。

         

         さてと、一息ついて行く末だ。勝手に思うがままに作ったテーブル

        かなりの好き者じゃなければお買い上げには程遠い。狭い店には

        置いとけない、次の催事もあるしな。ってことで、大は地下へ小は

        私のベッドサイドに仮安置されるだろう。それっきゃないんだわさ。

         

        喫茶店店主ってのも満更ではない・・・・・・な、店主でした。

         

         


        国家公務員だぞ

        0

           危うく忘れるとこだった「国勢調査員」の説明会、大田区役所矢口

          特別出張所に徒歩で行って来たんだ。車、自転車はご遠慮くださいと

          あったからウブなアタイは真に受けて歩いて行ったんだけどさ、堂々と

          自転車スイスイの方もいて、すっかり騙された、なんてこったい。

           

           町会長に誘われて国勢調査員を引き受けたものの、忘却とは忘れ

          去ることなり、忘れ得ずして・・・・アタイのちっちゃな脳みその

          どこを探したってそんな昔の約束の痕跡はあろうはずはない。店の

          奥に貼っておいたメモを見てようよう駆けつけたワケだ。

           

           現地到着、部屋の入り口で名前確認、席が決まってるんだ。

          机の上で真っ先に目に入ったのがコレ。高市早苗かぁ、あの女だな、

          TVで見ていた顔が思い浮かぶ。どんなに乞われてもジェッタイに

          SEXしたくないタイプ。それは相手も同じだろうけど。

           

           国勢調査員は国家公務員なんだと聞いてウ〜ムなアタイ。東大が

          頭をよぎる。見事総務相に入省できたアタイってかみたいな。

          問われて名乗るもおこがましいが、官僚の端くれってのは俺様の

          ことだ!

           すべてはこの袋の中にある。全国津々浦々配布されるこのバッグ

          一体どれくらいの数量なんだろう?

           左上から、マスク、消しゴム、LEDライト、定規、ボールペン、

          鉛筆10本、真ん中に腕章。全国津々浦々配布されるこの一式

          一体どれくらいの数量なんだろう?

           それにしても鉛筆は多すぎるのと違いまっか?

           国勢調査とプリントされてるのはバインダー、右に調査用紙、

          下は筆記用具入れときたもんだ。

           仕事の資料の数々・・・・・・・・・・ハァ〜・・・・・・

           肝心の調査する地区の地図2袋と説明用のパンフ

           

           このパンフを見ながら淡々と説明がおよそ45分。美嬢と思われるが

          マスク越しでワカラナイ。20代?、説明は淀みなくスラスラと進行

          する。きっと相当研鑽を積んだんじゃないか。30頁ほどのパンフを

          45分で説明するということは1頁1分半のペース、のっけから私の

          脳はフリーズしてしまったのであったの巻。

           

           みんなわかってるのかいな? 俺だけ取り残されてる不安が増し

          増す。さらに説明は抑揚は一切なく、もちろんギャグもなく、昔

          聞いたNHKラジオの気象予報のようだし、読経のようでもある、

          むやみに眠気が急襲し、それでなくとも理解できない内容は地平の

          彼方となりにけり。

           

           しかし、コレだけ淀み一切なく説明できるっちゅうのは大した

          もんだ。きっと偏差値高く成績優秀なんだろう。国勢調査員の

          仕事内容はすべて頭に入ってるんだろう。その能力は評価する。

          願わくば一つや二つダジャレがあれば言うことナスなんだけどなぁ、

          場所柄そんなこたぁ絶対無理なのはわかってるけど、もしそんな

          ユーモアがあれば抱きしめてあげるのに。

           オチは最後に渡された国勢調査員証。入室すぐに写真を撮られ

          最後に渡されるシステムは免許証と同じ。調査後何かに使えるの

          かしら。身分証になるとか、警察の賞状が事故を起こしたときに

          免罪符の役割を果たすとか。んなことあるわきゃないだろうけど

          ついつい・・・・・・・・・。

           

          老いた顔なんか見たくもないけど・・・・・・な、店主でした。

           


          1

          calendar

          S M T W T F S
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          27282930   
          << September 2020 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          書いた記事数:630 最後に更新した日:2020/10/22

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM