続・音楽堂見学会

0
      いよいよ会場内へのごあんな〜い。
     当日の定員は400人、聴講料1500円。この2点で主催者の心遣いが感じられるではありませんか。ミニコンサートもあるので音の響が良い席に絞り、ぎりぎりの金額に押さえたい。誰でも気軽に来ていただきたいことがわかります。
     場内見学の時間は45分。充分な時間が用意されています。あちこちに職員の方が居られて、説明していただき質問にも答えていただけます。いやはや充分なのでアリマス。


     会場内はまさに子供の遊び場のようで、まことにけっこうな風景。
     音響設計の石井氏は大学院生の時、仕事を受けたとか。ってことは20代? 日本ではお手本になる資料がないので、イギリスのアルバータ・ホールの資料を参考にし、いろいろあちこち調査研究したけど、決め手は建物が出来上がる過程でホール内の音響を調整したということとのこと。ちなみに、客席天井の曲面板厚は15ミリ、舞台天井は42ミリとなったようです。これすべて大工さんの手仕事。

     客席椅子はコトブキ。鋳鉄のフレームに成形合板の背もたれ。最前部の数列は、オーケストラボックスを使う時のために、取り外し可となっております。

     座席足元灯。カワイイのであります。

     座席布地、薄くなってクッション材が見えています。予算が厳しいのでしょう。わかります。頷けます。音楽が生活に根ざし、多くの客が殺到すればこんなことはすぐにも解決するでしょう。音楽が身近になっているとはいえ、デジタルの世界でのこと。アナログな音楽世界は遠くになりにけり〜。

     このホールは、決して大きくなくオーケストラのような大人数が舞台に上がるのは難しい。小編成の楽団がよろしい。舞台も今時のものと違いバックヤードがないのでオペラ何幕
    物も困難、あれこれ制約がありますので厳しい運営となっていることは容易に想像できます。かくいう私も、今までこのホールの存在すら知らず、コンサートに足を運んだのは数十年前という有様ですから。何も言えませんけど、ね。

    音楽堂見学会 

    0
        ヒマにあかせて人のブログをあちこちと見て回るワタシ、書き込みが少ない!と独り不満が疼く時もあるわけで・・・・・。いざ、自分で書く段になってみれば、なかなか、そうそうは書けず。ナリホド、そーいうもんだよなー、と改めて考えおるところです。

       去る9月の13日(火)の午後、横浜にある神奈川県立音楽堂で催されたお勉強会に行ってまい
      りました。平日の午後、なんと贅沢なことでしょう。この年齢でないと味わえないこと、ホイホイと出かけました。日本最古の公共コンサート専用ホールであります。設計は前川國男、施工は・・・・・・?。この建物のことについて藤森照信氏の講演(30分)、音響設計の石井聖光氏との対談(30分)、バイオリニスト大谷康子氏の演奏(ピアノ伴奏付)とサービス満点の内容はまことにすばらしいものでした。マジで。

      建物正面です。左側には図書館が併設されていまして。

       この建物は、コンクリート打ち放しでも最初とのこと。現在では珍しくもない工法ですが、なんといっても最初ってのは大変。今はベニヤで型枠をこさえて、そこにコンクリを流し込みますが、当時の型枠はベニヤではなく無垢の板なのでアリマス。しかも丸柱ですから曲面を天然の木で作るわけで・・・・・・・・・・!。

      館内の至る所に型枠の板の木目が見られます。

       建築当時の映像も備え付けのモニターで見れました。コンクリートはなんと手練りでっせ。ミキサー車なんかありませんから、現場で職人さんが手でこねています。ウヒャー。藤森氏によると手練りはサイコー! 昨今は、高い所まで機械で注ぎ込むためにコンクリは水増ししてあり、これをシャブコン?という(ジャブコン?)、ナールほどね。ですから、この建物は堅牢無比なのだ。ドリルで穴を開けようとしたら刃が折れてしまったとか。

       館内備え付けの電話ブース。こーいうの大好きですから。多分、電話機はいろいろ変わっただろうけど、容れ物はキチンとすまし顔。昔はよくあったよね、こーいうの。扇風機の台とかウチワのなんていうのかな柱に掛けて使うモノ、ハガキや手紙の一時収納箱みたいなの。それぞれに専用の容れ物、それにしか使えないもの、今時見なくなりました。

       ありましたョ、水飲みなんとか、が。正式名称が思い浮かびません。2連です。右が大人用、左が子供用でしょうか。あるいは小柄な方のためでしょうか。細かい気遣いが伺えます。以前、オーストリア人の友人宅に行ったときも洗面台が並んで2つあったのに驚いたけど。私にはそういう発想はじぇんじぇんありませんから。こういう公共の場ならまだわかるけど個人住宅には必要なのか? 今でも謎なのでアリマス。

       ってことで、今回はここまで。

      前記事の訂正です

      0
         早速間違えました!!

        「factio=ファッション」は「factio=ファクティオ」です

        ってことで、お詫び方々・・・・・・・・・・の、店主でした。

        factio事始

        0
           お初にお目にかかりやす。
          知っている人は知っている、知らない方は知らない店主のM越です。

           なんだかんだと時間はかかったけど、ようやくHPが出来上がり。ブログも
          始めなければならん、と。まずはスタート、格別どうってことはないのです
          が、目を通していただく方々に「おまけ」や「おみやげ」になりそーな記事
          になればを心がけて・・・・・・・・・・・ということで。

           思い起こせば14年前! というのはコント55号がデビューした時のセリ
          フだったなー。カンケーないけど。開店準備の十数年前の頃、関係している
          専門学校の授業でゲストに来ていただいたファッション科の先生に「ファッ
          ションの語源は何?」とお聞きしたところ答えが「factio=ファッション」
          とのこと。それが、店名の由来という次第で。

           このfactioなる単語、ギリシャ語で「束」という意味。ナルヘソ、ファッ
          ションは元々「束」という意味だったのかー。感心してそのまま店の名前に
          してしまいました。紐のようなものでゆるく束ねられた世界は、当店にふさ
          わしいのではあるまいか。

           名前は決まり、お店も出来上がりつつ、商品も揃いつつ、でもって最初に
          連絡いただいたお客様が鹿児島だったのにビツクリ。カタログをパソコンで
          印刷して送ったんだけど、どーみても時間はかかるし、割に合いません。HP
          を作ろうと思ってはみたものの、数千種のつまみをどう紹介していいのやら
          ・・・・・・・・・・・・・・・・トホホな日々でしたが、

           あぁ、女神は降臨されたのです。雑誌に紹介されたベルリンのボタン屋さ
          ん。その数なんと150万種! やったー、このフォーマット借りちゃおう!!
          いやはや、ずるいのでアリマス。しかも無断拝借ですから。いささか心も痛
          みます。でも、千載一遇ですから、是が非でもお借りしなければなりませぬ。

           http://www.paulknopf.de/

           このHPを徹底分解。いやー複雑なんす、構造が。あちらこちらと飛び回る
          し隠れた部屋がいくつもあるといった態。ふーん、ナリホドと歩き回りなが
          ら整理した末に、当店のHPが完成したのでアリマシタ。パチパチ。

           作成は京都在住「微笑みのデザイナー」ことS嬢。知人の紹介で懇意にさせ
          ていただき、私のわがままも尽きせぬ笑顔で見事にキャッチ!いやー今思い返
          しても涙が止まりません(ウソですけど)。

           最初の記事は、このへんで・・・・・・・・・・・・・の、店主でした。

           




          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << July 2018 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          書いた記事数:564 最後に更新した日:2018/06/19

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM